【濃縮】中国産 むき栗【4kg】

   1件のコメント

さて、本日は中国産の栗でございます。

 

2015-7

中国産といえば「中国食品の怪」という、これまで沢山の核実験を行ってきたにも関わらず、何故か放射性Csが定量できないという謎があってですね・・・

中国食品の怪

 

本日も定量できるかは不明ですが、ダメ元で中国のむき栗を精密測定します(^_^;)

2015-8

試料の粉末を真空ポンプが吸い込んでしまうため、フィルターホルダーの導入を行い。フィルターをセット。

 

2015-9

試料の処理前重量を計測し、凍結乾燥瓶に試料を移し再度凍結。凍結乾燥処理を開始します。それではレッツスタート(*´∀`*)

 

約47時間後・・・

2015-10

かなり水分が抜けて来ましたが・・・

 

2015-11

コールドトラップがトラップ容量の限界に達してしまいました。

 

2015-14

デフロスト(除氷)後、パーツをバラし中を軽く洗浄し・・・

 

2015-13

再度試料を凍結させます

 

2015-15

再度処理を開始

 

2015-16

トータル72時間処理を施し、凍結乾燥が終了。最終的な真空到達度は4.3Paとなかなか優秀

 

2015-17

ジップロックなどに封入したら保存食として行けるかなぁ?

 

2015-19

その後キャップなどを洗浄し

 

2015-20

凍結乾燥便も洗浄。機械の中を丁寧に洗浄し、凍結乾燥機がいつでも使えるようにしておきます。

 

2015-21

今度はこちらをバットに並べ

 

2015-22

更に105-150にて4日ほど熱風乾燥させ

 

2015-23

水分を抜ききった状態で、粉砕を行いました。結果約4kg > 1.4kgまで減容化することに成功(∩´∀`)∩ワーイ

 

今度はこちらの粉砕をボランティアママさんへと依頼し

2015-25

粉砕完了(・ω・`)乙  これは乙じゃなくてポニーテールなんだからね!

 

 

こちらの試料ですが、今回も東京大学へとGe(ゲルマニウム半導体検出器)での測定を依頼しました。

 

 

中国食品の怪・・・、今回はどうなることやら・・・

 

 

 

(; ・`д・´)…ゴクリ…(`・д´・ ;)

 

 

 

2016-101

※上記画像の転載はご遠慮ください

ついに137Csの定量に成功しました ォオー!!(゚д゚屮)屮

 

 

ついに中国食品の怪(中国産食品不検出の法則)が破られます。

 

 

めたぼの知る限り、中国産食材からの137Csの検出はおそらく市民測定所では初めての検出例(・_・;)

※沢山の手間や費用をかけて測定結果を公開しております。測定継続のため、何卒皆様のご支援・お力添えをよろしくお願いいたします(_ _;)

カンパ用口座はコチラ

 

カンパ

前回の更新より6名の方より温かいご支援を頂きました。ありがとうございました!

 

めたぼ家のモフ達

2015

ネネとギュウギュウになっているよしお(とは言え、人間の存在が気になり内心気が気でない(;・∀・)

 

2015-2

少しずつ距離が縮まっていますが、相変わらずフローリングの上をスリップしながら逃げるスリップ野郎なのでした(爆

 

2015-3

棚の上に乗っかるロロ

 

2015-5

豪快にあくびをしていますが、たまにその重さゆえ棚ごとロロが降ってきたりΣ(´∀`;)

 

2015-6

こんな感じで上から降ってきます(イメージ図w

 

 

それでは本日はこの辺で・・・。

 

 

☆。.:*:・’゜ヽ( ´ー`)ノ まったね~♪

 

 

※シェアやリツイートなど大歓迎です

↑こちらをクリックしていただけると育児ブログランキングが上がる仕組みです(1日一回まで)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

運営資金のカンパのお願い
当測定室の維持は、皆様のカンパにて運営しております。参考になります結果等ございましたら、ご支援の程よろしくお願いいたします。

カンパ専用口座はコチラ

現在の持ち込み測定の混雑状況
随時受け付け可能です。
沢山のデータが眠る 旧ブログ



 
上にもどる