国道114号線(津島ゲート-浪江IC間) 帰還困難区域の線量測定

   国道114号線(津島ゲート-浪江IC間) 帰還困難区域の線量測定 はコメントを受け付けていません。

帰還困難区域・・・

 

 

それは、原発事故によるすさまじい放射能汚染により、人間が住むことができなくなってしまったエリア。

 

 

今回はその放射能汚染実態を探るべく、国道114号線を津島ゲートから浪江ICまでの区間、高感度な線量計を用いて測定したものをここに公開します。

 

 

そして、この道路は許可なく誰もが通行できる道路になります。

 

 

動画は30分近くとなっていますが、こういった厳しい現実がそこにあることがわかります。お時間がある方は、ぜひゆっくりとご覧になっていただけますと嬉しいです。

 

動画をかいつまんでみたい方は7:50頃、12:10秒頃がその中でも線量が高かった箇所になります。それ以外には10:07、15:19頃も見どころでしょうか・・・。線量計の数値を見ていただきたいので、できればPCやTVなど画面の大きな画面でご覧になっていただけますと、より詳細な汚染状況が理解できるかと思います。

 

現在測定室の経営状況が大変厳しく、測定室の存続自体も大変厳しい状態となってきておりますが、こういったTVではやらないような真実をこれからも伝え続けようと思っています。つきましては、活動のためのご支援について、ご検討の程よろしくお願いいたします(_ _)

 

クレジットカード(VISA,MASTER)による寄付

1,000円以上の任意の金額での活動支援が出来ます。今後の活動継続のため、ご支援をよろしくお願いいたします。

(全角での入力はエラーになるため、必ず半角でのご入力をお願い致します(_ _))







 

カンパ用振込口座、毎月の自動引落はコチラ

 

併せて見たい過去の動画

 

 

※応援いただける方は、できれば記事のシェアやリツイートをお願い致します。

(但し、測定結果画像の無断転載・盗用はご遠慮ください)


人気ブログランキング

↑こちらをクリックしていただけると育児ブログランキングが上がる仕組みです(1日一回まで)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
LINEで送る

運営資金のカンパのお願い
当測定室の維持は、皆様のカンパにて運営しております。参考になりました結果等ございましたら、ご支援の程よろしくお願いいたします。

カンパ専用口座はコチラ

現在の持ち込み測定の混雑状況
一時的に受付を停止しています
沢山のデータが眠る 旧ブログ



 
上にもどる