那須塩原市の公園をお母さんたちと測定してみました

   那須塩原市の公園をお母さんたちと測定してみました はコメントを受け付けていません。

昨日はとても嬉しいニュースを発表できました。

「べぐれでねが」と東京大学との研究成果がScientific Reportsに掲載されました

これは、私達がこれまで長く続けてきた高精度測定ですが、とてもメジャーな科学誌に掲載されるとは我ながらすごい・・・(というか夢みたいです)

本当に沢山の人のおかげでここまで来ることができました(しみじみ・・・

 

栃木県にある那須野が原公園を測定しました

さて、ここからが本日の本題となりますが、国内では放射能に関して関心を抱く方は正直海外の方に比べ圧倒的に少数です。世間のイメージでは、放射能汚染は福島の中にとどまっており、それすら殆どなくなったという印象を抱かれている方がとても多い印象です。

 

正直恥ずかしいですが、うちの両親なんかはまさにそのタイプなんですよね。でも世間でそういうイメージを抱いている方はとても多そう

 

先日たまたま機会があり栃木の方何名かに県内の汚染状況を聞くことができまして、汚染がひどそうだという候補に挙がったのが、那須野が原公園という栃木県の公園でした。

 

 

 

普通に見ているととても素敵な公園で、子どもたちと一日中遊んでいられそうなくらいの広い公園でした。

 

はたしてここでは本当に放射能汚染が見られるのでしょうか?

 

いつもなら一人で測定を行うのですが、今回は読者さんのお母さんたちをお誘いしてみることに。とにかく明るく楽しい感じでできるといいねとお話をし

 

皆さん測定については全くの未経験者。あえて事前に情報は拾わずにぶっつけ本番で挑みます。ですので、不慣れなところもあるかと思いますが、そのへんは温かく見守っていただけますと嬉しいです。しかし、動画をご覧になっていただけるとわかりますが、お母さんたちは短時間の撮影の中でもどんどんどんどん線量の高いところをすばやく見つける能力を身に付けていきます。

 

秋田での測定値、上が一秒間に上記測定器にて検知している放射線の数で22(CPS:Count per second)

下は線量率で0.05(μSv/h)になります。これらの数値を覚えた上で那須野が原公園の測定についてご覧になっていただければと思います。

 

少々長いですが、汚染が集まりやすい箇所がとてもわかり易い動画となっておりますので、関東や東北にお住まいの方は是非ともご覧になってみてください。

 

上の動画をクリックすると再生できます(^_-)-☆

 

活動にご賛同いただける方は、大変恐縮ではございますが、活動継続のためのご支援をお願いいたします。

 

クレジットカード(VISA,MASTER)による寄付

1,000円以上の任意の金額での活動支援が出来ます。今後の活動継続のため、ご支援をよろしくお願いいたします。

(全角での入力はエラーになるため、必ず半角でのご入力をお願い致します(_ _))







 

カンパ用口座、毎月の自動引落はコチラ

 

※応援いただける方は、できれば記事のシェアやリツイートをお願い致します。

(但し、測定結果画像の無断転載・盗用はご遠慮ください)


人気ブログランキング

↑こちらをクリックしていただけると育児ブログランキングが上がる仕組みです(1日一回まで)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
LINEで送る

運営資金のカンパのお願い
当測定室の維持は、皆様のカンパにて運営しております。参考になりました結果等ございましたら、ご支援の程よろしくお願いいたします。

カンパ専用口座はコチラ

現在の持ち込み測定の混雑状況
一時的に受付を停止しています
沢山のデータが眠る 旧ブログ



 
上にもどる