マルハニチロ 鮭フレーク

   マルハニチロ 鮭フレーク はコメントを受け付けていません。

本日の試料

こんにちは!yasaでございます(*- -)(*_ _)ペコリ

今回はマルハニチロ 鮭フレークです!!

 

手軽に魚を摂取できるし、おにぎりで握っても色鮮やか。

何より、魚をほぐさなくてよいという時短が人気の鮭フレーク。

冷蔵庫に常時入れているご家庭も多いのではないでしょうか?

 

今回の鮭フレーク( ˘ω˘ ) 

しろざけと表記はありますが、産地の表記がありません・・・。

マルハニチロのHPを調べると、原産地は「日本、アメリカ、ロシア」と三か国だそうです。

 

しろざけは北海道北斗市産のものを2014年、2015年にも測定しています。

【濃縮】2015年 北海道北斗市産 白鮭【13kg】

 

【濃縮】2014年 北海道北斗市産 秋鮭(白鮭)【9.5kg】

 

海で採れるものは地域によって測定値が変わってくるようですが、

今回は混同した鮭での測定。どうなるのでしょうか??

 

それでは!! 期待と不安のドキドキを持って、鮭フレークの減容化&測定の旅へ!!

いってらっしゃ~い!!!!(*ฅ•ᗜ•*)❤(*•ᗜ•ฅ*)

 

前処理

今回の鮭フレークの必要量は6キロです!!

 

測定のためまずは鮭フレークを凍結乾燥させます。

 

 

7時間以上時間をかけたのですが、鮭フレークが一部解けてしまったため、再度凍結。

 

 

凍結乾燥させてさらに2日間。

 

続いて、105度で2日半かけて二次乾燥を行いました。

 

 

 

最後に粉砕処理を行い、作業終了です(*’ω’*)

 

 

上記の試料ですが、高精度なGe(ゲルマニウム半導体検出器)での精密測定を実施しました。

 

 

 

気になる結果ですが・・・

 

 

 

(;゚д゚)ゴクリ…

 

 

 

測定結果

※上記画像の無断転載・測定結果のテキスト化を禁じます。

放射性セシウム(セシウム137)が検出されました(´・ω・`)

 

残念ながら、各国が入り混じった製品なので、どこの国のもの、とは一概には言えませんが、

残念ながら人間が作り出してしまった核の汚染が、こんなところにまで入り込んでしまっていということは間違いないようです(T_T)

 

 

測定室の経営状態が大変厳しいため、活動にご賛同いただける方は、活動継続のためのご支援をお願いいたします(_ _)

 

クレジットカード(VISA,MASTER)による寄付

1,000円以上の任意の金額での活動支援が出来ます。今後の活動継続のため、ご支援をよろしくお願いいたします。

(全角での入力はエラーになるため、必ず半角でのご入力をお願い致します(_ _))







 

カンパ用口座、毎月の自動引落はコチラ

 

測定室の近況

今月は特にココ最近では一番厳しい状況です。といいますのも、今年度は収入が下降傾向で、例年の半分程度になっているとアナウンスしていましたが、今月に至っては更に例年の1/4程度で推移しておりまして、測定活動の継続が大変難しい状態となっております。

震災から7年目ということで、世間の興味もたいへん薄らいではおりますが、測定を続けるためにも改めてご支援をお願いさせていただきたい次第です。

めたぼ

 

めたぼ家のモフ達

ロロはお昼寝中・・・

 

寝ているところが・・・ジャストサイズの箱の中(笑)

 

 

丸まるのにちょうどいいサイズ(いや少し小さい気も・・・)

猫は狭いところが好きですからね^^

 

 

ではまた!!!!!(^^)!

 

 

※応援いただける方は、できれば記事のシェアやリツイートをお願い致します。

(但し、測定結果画像の無断転載・盗用はご遠慮ください)


人気ブログランキング

↑こちらをクリックしていただけると育児ブログランキングが上がる仕組みです(1日一回まで)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
LINEで送る

運営資金のカンパのお願い
当測定室の維持は、皆様のカンパにて運営しております。参考になりました結果等ございましたら、ご支援の程よろしくお願いいたします。

カンパ専用口座はコチラ

現在の持ち込み測定の混雑状況
一時的に受付を停止しています
沢山のデータが眠る 旧ブログ



 
上にもどる