【濃縮】蒟蒻(群馬県、福島県のこんにゃく芋使用)【20kg】

   1件のコメント

ルルロロの手術や、家族(自分自身も)の体調不良でなんだかんだドタバタしている今日このごろです。

 

実はいろいろな用事があって、測定関連の用事で来週末は東京へと行くことになりました。もちろん一人なので、何で行こうか迷い中。高速道路の休日(深夜)50%割引は6月で終わってしまうということなので、車でトコトコ行ってみようかなぁ?

 

昔と違ってさすがに土日に車で行くとなると週明けの月曜日に死んでいそうなので、やっぱり飛行機か新幹線か・・・。高速バスかなぁ?色々迷い中でございます(*´ω`*)

 

本日の検体

本日の検体は蒟蒻。蒟蒻芋の産地は大部分が群馬でとのこと。群馬県って大丈夫かなかぁ?なんて考えているという声もお手伝いのママさんからの声やブログのコメントからもありました。

 

原発事故直後は蒟蒻からも検出されたみたいですが、ここ1年位は蒟蒻からの検出はなさそう。

 

でもでもでもでもー!!しっかりと測ると一体どれだけ検出されるのかが気になるところ。幸いこの時はまだ検体購入と、ゲルマ代の余裕があったので思い切って乾燥させてみることに・・・。

 

前代未聞の超低下限値測定を企んで見ることにしました(∩´∀`)∩ワーイ

 

IMG_5395

まずは約7キロの蒟蒻を購入して乾燥させます。さすがに7キロあれば足りるはず・・・

 

IMG_1740

たくさんあるようにみせかけてこれでも7キロのうちのごく一部という・・・。

 

IMG_5452

最初のサイズだと大きすぎるので乾燥機サイズに軽くカットしてあげて・・・。

 

IMG_5421

お手伝いに来てくれたママさんたちとひたすらトレーに並べていきます。

 

IMG_5460

次男くんも真似っ子です(*´ω`*)

 

IMG_5443

なんとかトレーをいっぱいに埋めて。

 

IMG_5513

9トレーの乾燥機が殆ど埋まってしまいました(;・∀・)

 

さて、ここで数日間の乾燥に入ります。一体どうなっているのでしょうか?

DSC_5015

じゃじゃーん!すっかりカッチカチに。トレーいっぱいに元気よく埋め尽くされていた蒟蒻の姿も今は昔(´Д⊂ヽ

 

DSC_5019

泣けてくるほどに縮んでしまいました。ここで重さを測ってみると・・・。なんと約7キロがビックリの190g程度まで軽くなっています。これでわかったのですが、蒟蒻って大部分が水分なんですね(*`д´)

 

と、ここで気づいたのですがこれでは測定用の容器を満たすためには不十分です。基本的には測定容器を満たすためには1L必要ですので・・・。

 

という流れで追加で約14キロの蒟蒻を発注します・・・

 

数日後・・・

IMG_5417

再び作業開始。

 

IMG_5420

乾燥機に入るくらいのサイズへカットし・・・

 

IMG_5467

お手伝いのママさんたちとひたすら並べ・・・

 

IMG_5477

 

 

IMG_5493

再び完成ー(∩´∀`)∩ワーイ

 

IMG_6152

モフモフ毛糸で遊ぶモフの図(;・∀・)

 

IMG_6172

今回もカリッとなりました。

 

IMG_6177

最初の写真と比べるとびっくりするくらい縮んでるのでした。

 

IMG_6181

出来上がった乾燥蒟蒻を集めて。

 

IMG_6187

粉体処理を行います。

 

IMG_6194

Blendtec先生にお願いしましたが、完全に粉にしてしまうと20キロ相当の蒟蒻でも不足しそうでした。なので、粗めに処理します。

 

IMG_6200

追加発注期間も含め、数週間をかけて作成した乾燥検体がついに出来上がりました。

ここしばらくは検出例がなかった蒟蒻ですが、果たしてどうなるのか・・・。それでは結果発表です(;゚д゚)ゴクリ…

測定結果

IMG_5595

コチラがメーカー規定の3時間。ここまではいいのですがここから更に時間を伸ばし6時間にすると・・・

 

LVtemp20140410182939_0_0
※非電化工房の測定器は事実上3時間程度が機器の限界と言われております。

 

なんとビックリ不検出になってしまいました。これだけ見れば立派な不検出になります。しかもCs-137の下限値が0.8(Bq/kg)(∩´∀`)∩ワーイ と、思いきや・・・
※6時間の温度の振れ幅は0.1℃程度でした。(開始時と終了時ではなく6時間通しの振れ幅です)

 

これをゲルマで測ってみるとどうなるのでしょうか?

蒟蒻

残念ながらCs-137が1.4(Bq/kg)、Cs-134が0.6(Bq/kg)検出されてしまいました。上記のように非電化工房の長時間測定はやはり不安定みたいです(´ε`;)ウーン…

 

ということで、根性を出してしっかり測ってみた結果セシウムが検出されてしまいました。今回の乾燥では1/34に減量できたので、これを実際の蒟蒻に換算してみると・・・

 

合算:2.1(Bq/kg) → 0.06(Bq/kg)
※蒟蒻芋の産地は群馬、福島だそうです。

 

 

こんな感じになります。不検出(下限値●●)って言われてよくわからないよりもこうやってはっきり数値が出たほうがずっとすっきりするでしょ。

 

そのために手間も時間もお金もかけて計測しています。そして実は、最近持ち込み検体やカンパが激減しています(´Д⊂ヽ

 

なんとか皆で少しずつでも出し合って、こういった測定を存続させてあげたいのですが、実際にはなるようにしかならないです。現状ですと少数の方が多めにカンパをくださっていて、そちらへ依存して何とかやっている状態。

 

皆で少しずつでも出し合えれば本当に測定所は存続することができるのです。ぜひ今後共継続的なご支援をお願いしたく思いますm(_ _)m

 

クレジットカード(VISA,MASTER)による寄付

1,000円以上の任意の金額での活動支援が出来ます。今後の活動継続のため、ご支援をよろしくお願いいたします。







 

 

カンパ用口座はコチラ

 

いつもお世話になっている稲垣さんのツイート。

無題

もちろんうちだけではなく、皆さんの大切だと思う測定所を応援してあげてくださいネ( *‘∀‘ )ノ

 

本日のルルロロ

IMG_6160

何かを企んでいるルル・・・

 

IMG_6162

ジャーンプ!!って、寄り過ぎやないかーい(;`Д´)ドアップモフモフ

 

 

 

それでは今日はこの辺で ☆。.:*:・’゜ヽ( ´ー`)ノ まったね~♪

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

運営資金のカンパのお願い
当測定室の維持は、皆様のカンパにて運営しております。参考になりました結果等ございましたら、ご支援の程よろしくお願いいたします。

カンパ専用口座はコチラ

現在の持ち込み測定の混雑状況
試料受付まで2週間待ちです
沢山のデータが眠る 旧ブログ



 
上にもどる